2015年12月31日木曜日

きれいな大晦日


部屋から見える朝焼けがとてもきれいな大晦日。

また一年、この日を迎えられたことに感謝です。



先日もお客様より、嬉しい喜びと感謝のお声をいただきました!
初めてのクリスマスに、私の絵を贈り物に選んでいただいたことは、
これ以上ない喜びでした。
本当にありがとうございます。

いつか、ランニング、ご一緒できたらいいですね!



今年は大きな大きな転機の年となりましたが、
このような温かいお客様と、友人、仲間たち、家族、
そして新しく出会うことができた多くの方々に支えていただいております。

 新しい出会いと学びの機会も増え、
繋げてくださった皆様に早く恩返しできるようにします。

地道にでも前に進めるよう、
また一年、精進します!


皆様、良いお年をお迎えください。

2015年12月26日土曜日

家族に囲まれた、温かいクリスマス。

師走ということで少し忙しくさせていただき、
ブログ更新が久しぶりになりました。
 
 
昨晩はクリスマス。
皆さんはいかがして過ごされましたでしょうか?

私は昨日は仕事だったので、
24日のイブの日に家族でささやかなクリスマスを。
 
 
ケーキに忍び寄る小さな怪獣くん。
 
 
去年よりもその迫力が増しています(笑)。
ちょっと待ちんさいってば。。。 



さて、
そんな時期に私にも嬉しいサンタさんからのプレゼントが。


数年来、私を目掛けて来てくださっていたお客様より、
ご連絡、お手紙をいただきました。
 
 
 
まずはこちらのお客様。 
 
 偶然出会った年からほぼ毎年、
年賀状用の絵を描かせていただいていました。
 
再会できたのも偶然でしたね。
でも、それを必然として、
毎年毎年お越しいただいていました。
 
 
ご家庭の事情によりお会いできない時間ができ、
その間に会社を離れた私を、
前の会社に問い合わせ、お店に足を運び、
そしてこのブログを見つけ、メッセージをくださいました。
 
 
「なんとしてでも描いてもらいたくて」
そんな強い思いをとても嬉しく、光栄に感じています。
 
今年はお写真からになりましたが、
お子さん達も随分と大きくなりましたね〜。
 
 
それでも昔の印象はしっかりと残っていて。
なんだか、不思議な感じです。
 
 
 
またお会いできると嬉しいなあ。
中学生と高校生、
何を話せばいいのか、ちょっと緊張しますね(笑)。 
 
 
 
 
そしてまさにクリスマスの日。
ポストに届いた二通の手紙。 

 こちらも毎年描かせていただいていた可愛いかわいいお客様から。
一通はご両親さまから。
そして、もう一通は可愛いお嬢ちゃんから。

妻から
「可愛いお手紙がきてるよ。」
と渡された時、とてもとても嬉しかったです。

中身もしっかりと自分で書いてくれてます。
出会った時はまだまだ小さかったのに、
もうこんなに字も絵もかけるんだなあ。

最後の「元気ですか?」という一言が、
なんだかとっても心に染みました。

ありがとね。元気だよ!
さきちゃんも元気かな?

我が家以外の家族にも囲まれている、
そんな温かい気持ちになったクリスマスでした。
 

また近々、皆さんにもお会いしたいですね。
その日が来ることを楽しみに待っています。
 
 
引き続き、ご連絡、お問い合わせは、
遠慮なくこちらまでご連絡ください。



2015年12月11日金曜日

エンディングを考える

 先日、エンディング産業展に行ってきました。

「エンディング産業展」とはその名の通り、
人生の終わり方を考えるための展示会です。

亡くなったときにどのようなことが必要か、
どんな準備をしておくべきか、
なかなか経験がないとわからないものですよね。

小さいときに体験したことと
大きくなってから直に関わる経験をしたのとでは、
また考え方がだいぶ違うものです。


 
詳しい写真などは「エンディング産業展」で検索してみてください。
http://www.ifcx.jp/

facebookページもあります。
https://www.facebook.com/endex.japan/timeline


スケジュール上見ることはできませんでしたが、
納棺士コンテストというものも開催されていました。

YouTubeで納棺師のデモンストレーション動画がありました。 

とても美しい姿ですので、ぜひご覧いただきたいです。
人の最後を締めくくるお手伝いをさせていただいている方々が
どのような思いでこの仕事に向き合っているのかも語られています。




なぜ私がこの場に赴いたか。
二年前、義父が亡くなったこと、
そして息子が生まれたことが生と死に対して考えるきっかけになりました。

 そして、自分が絵をかかせていただく意味や価値も
そこに結びつけて考えるようになりました。

人を描かせていただくということは、
その人の人生の一部、またはこれまでの歩みを描写するということです。

笑顔の時にできるほうれい線も
左右で高さの違う口角も
一重も二重も

全部その人が歩んできた時間が凝縮されています。

なので、表現の方法、絵のタッチは選べど、

決して修正はせずに表現します。



そして絵には絵ならではの力があります。

現実では不可能なことを実現できることです。


その思いを以前もブログで書かせていただきました。
必ず描くと決めていた絵。








これまで何ども生と死を結びつける絵を描かせていただきました。



地震があった東北に赴き、亡きご家族と、残ったご家族を
絵の中で再会させるお手伝いもしました。

ある時は、

本当は元気に成長するはずだった小さな命を
夢見た家族団欒の中に描き、
兄妹が仲良く遊ぶ姿を、お父さんお母さんが見守る
そんな一枚を描かせていただきました。


そしてある時は亡くなったひとを描かせていただき、
その絵を催事場に飾っていただけました。


絵には描く人にも見る人にも、そのモデルをイメージさせる力があります。

その場では、私の故人の絵を見て、
涙を流しつつも、
「あのひと、こうだったね。」
「こうやって笑ってたね。」
と、泣き笑いをされている方々がいらっしゃいました。


どれも
死と生を繋ぐ絵を描かせていただき、
自分の生きている力を通して 人の心に触れる、
役に立てたと感じる瞬間でした。
何物にも変え難い特別な喜びでした。


そして今回は同じように、
生と死に向合っている方々の活動、取り組みを
知る為に足を運びました。
 
 
自分の力を通じてどうやって社会の、人々の役に立てるか、
また考えていくきっかけになりました。
 
 
誘ってくれた株式会社With You 代表の石塚氏に感謝いたします。
 

2015年11月28日土曜日

Happy Wedding! 2015.11.28

今日は短大の頃からの友人の結婚式。

かなり久しぶりに会うその友人は

気付いたら婚約、

結婚、

出産、

とかなり忙しい日々を駆け抜けて今日を迎えてました。

すご〜い。
走ってる〜。



その友人の結婚式。

呼んでいただき、
これまた久しぶりに再会した友人と式場で待っていると
新郎新婦のご入場。




静寂の中に響き渡る賛美歌・・・









ではなく、
ベイビーくんの元気な声と
そのベイビーくんを見守る皆さんの温かい笑い声(笑)。


こういうの、わるくないですよね!


そんな和やかな空気の中、
式場から披露宴会場へ。


おっ!!

今回描きおろしたウェルカムボードもしっかりとお役目を果たしてくれていました!

飾ってくれてありがとう!



披露宴会場では本当にたくさんの方々が
二人、ではなく、三人を祝福しておられました。



余興では会場がこの一体感!
すごいですねえ。
(ヤングマン歌ってます笑)


社会人になって
妻になって
母になった友人。

何年ぶりかに会いましたが、
相変わらずのハイトーンボイス(笑)。
リアクションもそのまんま。
 いい意味で変わってなかったなあ(笑)。

今日再会出来た友人も基本変わっておらず、
ただ、お互い話す内容は少〜しだけ大人になっていたでしょうか。

今度はもう少し人数増やせて会えるかな!?

まささん、かなちゃん、りくくん、本当におめでとうございます!
末長く、お幸せに!!!

2015年11月21日土曜日

素敵な名探偵

 嬉しいお声がけから始まり、
 
嬉しい再会と
嬉しいはじめまして。


三年前、偶然出会うことができたお二人は、
月日を経て、お三人と、二匹のご家族に!
ご子息誕生、おめでとうございます〜!!
 

今回もご自宅訪問スケッチにお呼びいただきました♪
 

 
 おひさしぶりでした〜。
お二人のキャラもお変わりなく、なんだか嬉しくなりました。

そしてはじめまして、ご子息くん!
はじめまして、ハングリーわんちゃん、マツコにゃんちゃん!!(笑)

それぞれ個性満載でとっても楽しい時間でした。


その中描かせてもらった絵たちがこちら。

初めて三人一緒に描かせてもらいましたね。
なんだか感慨深いです。
地元話もなんだか嬉しくなりました。

ナイスなキャラのコンビですね(笑)。
こちらもかわいかったな〜。
 

おじいちゃんおばあちゃんと一緒に・・・
だけでなく

せっかくだったら年の近いいとこちゃんも一緒に。

 今回なんとも嬉しかったのが、
お二人が私を本当に探して探して見つけてくださったこと。

実は一番初めに出会ったとき、
私は途中で名刺を切らしてしまったか、
名刺を忘れてしまったか、
お二人に名刺をお渡しすることができませんでした。

手がかりは絵だけ。

facebookメッセージもくださったそうなのですが、
何故かそれは上手く届いていませんでした。

それでもお二人は見つけてくださいました。

ブログを辿り、ご連絡をくださいました。

素敵な名探偵です!
 
ほんとうに嬉しかったです。
ありがとうございます以外の言葉が見つからないです。

今度はお子様と一緒に絵を描きたいですね♪
これからまた忙しい時期だと思いますが、
お身体には十分気をつけてくださいね。(^^)

本当にほんとうにありがとうございました!

2015年11月19日木曜日

絵を描けてよかったな、と思うのは・・・

絵を描けて少しだけよかったな、と思うのは、
 

日常的に急ぎで贈り物をしたいと思ったときに、
すぐに手で生み出せること。


今日急遽、久しぶりに会うことができたひとに、
出産のお祝い(と、いうにはシンプルなスケッチですが・・・)をプレゼント。
 

 


かなり急いで用意しましたが(汗)、
喜んでもらえてなによりです。

私も自分のデスクにお気に入りの家族のスケッチを飾ってます。

デスクや棚に飾っておくだけで、
日常の中で少し気が滅入った時も、
それを見ると気持ちが和みます。

不思議な写真とは違った絵の魅力です。
 

2015年11月11日水曜日

さて・・・仕事しますか(笑)。

仕事の絵を描く合間に描くのは
最近はこどもの絵が多いです。





モデルは自分の息子の時もあれば、
知人、友人、Facebookで繋がっている方のこどもなど、様々。

みんな違っていてみんなかわいい。

今回は妻の友人の子。

クリクリした目元が特徴で、
ほんと外人さんのよう。

今回は滅多に使わない画仙紙の色紙に描いてみました。


普段使う用紙とは違い、
インクがじわっと滲んでいくのが楽しく、
 絵ならではの写真とは違った風合いになりました。


さて・・・仕事しますか(笑)。

2015年11月7日土曜日

感謝と実感

嬉しいお声がありました。

私が以前描かせていただいたお客様が

探しに探して、

私のブログを見つけてくださり、
ブログを辿ってご連絡をくださいました!
 本当に嬉しい報せでした。
私のブログをどれほどの方がご覧くださっているかはわかりませんが、
たとえわずかであっても
発信することがある限りは、
一人でもご覧いただいているひとがいてくれるなら、
そのひとに向けて書いていこうと思っています。
 一人一人を大事にして、
その結果が少しずつ増えてもらえたらいいな、と思います。
ごくごく当たり前のことですが、
改めて実感しました。

そのお客様ともまた近々お会いできそうです♪
また楽しみが増えました。

何かお問い合わせ、ご連絡をという方は、
facebookメッセージ、もしくはこちらまでお気軽にお声掛けください。



2015年10月31日土曜日

AGEを知る→110-Cento Dieci-

友人の紹介がまたひとつ素敵な出会いを作ってくれました。

今回お会いできることになったのが
オーガニックレストラン
110-Cento Dieci-」のオーナーシェフの伊藤 雄士さん。

今回お会いするにあたり、お誕生日も近かったので、
描かせていただきました。

背景は敢えてシンプルに白。
お会いする前でしたが、
余計なものはいらない、強い志のある人だと感じていました。

白いシャツと黒のエプロン。
それだけで十分絵になります。


素敵な、そして個人的にも好きな外観です。

今日あったのは自分の今の体内年齢(AGE値)を知り、
AGEを貯めない食習慣を考え、
オーガニックレストラン
110-Cento Dieci-オリジナル・糖質レスメニュー
体験できるイベント。

  
到着して人生初のAGE値というものを計りましたが、
結構これまで生活が不規則だったこともあり、
う〜ん・・・と考えさせられるものでした。(汗)

そんな体を癒してくれる伊藤さんに、
今回光栄にも直接絵をお渡しできました。


さらに光栄にも、気に入っていただけすぐに店内に飾ってくださいました。
やはりすごくパワーがあるひとでした。
そして、探究心のあるひとでした。

先に書いてしまいますが、食事中なんでも質問に答えてくださった伊藤さん。
なんでも答えてくれましたが、随所に
「僕が言ったからって正解じゃない。
でも、まずは考えるきっかけにしてもらいたい。」
とおっしゃっていました。
 

「自分が摂っているもの(自分を作っているもの)がどんなものか真剣に考えることで、自らの健康を作り、健康で幸せな人生を送ってもらいたい。」
そんなメッセージを感じました。



 さて、ここから早速糖質レスメニューのスタート。


初体験のノニジュース。

食器も思わず見てしまいます。
女性の口に合わせたサイズのスプーン。
こういう気配り、いいですよね。

職人がものを生み出す姿を見るのがとても好きです。
やはりその姿はかっこいい。

無農薬、自然栽培の野菜のサラダ

鮮魚の(青魚)のカルパッチョ
下にはひじきがあります。
梅の風味が効いていて、歯ごたえもとてもよかったです。

火の入ったお魚料理お魚料理
あっさりした味付けですが、手前のアンチョビが効いたソースが
味を引き締めてくれます。
個人的にとても好きな料理でした。

お肉料理
こんなに綺麗なんですね、お肉の断面て。
脂っこいお肉は得意ではありません。
こちらのこれだけしっかりとした赤みのお肉は
全く胃もたれがありませんでした。

最後のノニリーフティー

食後は表参道から渋谷までブラブラ歩いてみました。
食後でしたが、不思議とお腹は満たされているのに、
胃もたれみたいなものは全くなく、心地よい感じ。

まさにお腹も心も満たされました。
良い食事は、食べた後も良い時間を相手に提供し続けることができるものなんだな、と、
ハロウィンで賑わう街を歩きながら、静かに思いました。

今夜はまた知らない世界を少しだけ知ることができました。
本日お会いできた皆様に感謝です。
ありがとうございました!

2015年10月30日金曜日

結婚記念日。

 結婚記念日。

またひとつ迎えることができた節目の日。

当日は妻が腕を振るってくれ、
美味しい夕飯をいただきました。

別の日。
らしくなく、頑張ってレストラン探して、
予約して、
食事なんかしたりして。
普段はこういったことは基本妻に頼ることが多い私。

仕事ではよく几帳面とか言われたりすることもありましたが、
家では結構だらしないところもあります。

妻はよ〜く知っています。
ひとはどこかでバランスをとっているんですね。

一緒に暮らしていて一番多く私を注意してくれることも多いひとです。
 
私も未熟者故に、
ヘソを曲げたりすることもあります。

まだまだまだ子供ですね、最近も感じたことがありました(笑)。


そんなこんなで迎えた結婚記念日。

レストランの予約も2名から3名分、
席をとることになりました。

落ち着いた食事、とはいかないけれど、
それはそれで楽しいもの。

彼はいまスプーン並べるのがブームらしい。


思い出がまた増えた。
 結婚記念日おめでとう。ありがとう。


2015年10月22日木曜日

やはり一番

先日あった嬉しいお報せ。

以前描かせていただいたお客様からのお報せ。


描かせていただいて間もなく、
お礼のお手紙をいただき、
そのお礼の手紙を私も出し、
というやりとりがありました。


しばらく時が経ち、
手元に届いた嬉しい手紙。

以前勤めていた会社を離れた為、
オフィスにいる友人が転送してくれました。
 ありがと。しっかり受け取りました。


その友人のおかげで手にすることができた大切な手紙。

そこには幸せいっぱいのお二人の姿がありました。



今は新しい生活を
新しい場所で始められているとのこと。

お二人のことは今でもよ〜く覚えています。

描いてもらうかどうか、すごく迷われていましたね。

照れくさそうに、でもワクワクしながら、
絵の完成を待ってくださっていたことを
今でも鮮明に覚えています。

 
 この先、私がお二人に再開できるかどうか
正直わかりません。

物理的な距離もありますし、
私は会社を離れフリーになりました。
再開出来たなら、
もしくはまたご依頼いただけたなら、
これ以上嬉しいことはありません。
 
 
そう考えると本当に出会いは一瞬。
それでも一生で一度の結婚式の場に、
私の描いた絵を飾っていただけました。

私が描いたお二人らしさが認めてもらえたのかな、と、
感じることができました。

こうした喜びの声が、
やはり一番 、

嬉しいのです。

2015年10月21日水曜日

何でも学びになる。

朝パソコン開いて仕事をしていると
友人から「お昼時間ある?」
とお声がけいただき、

 ロイヤルパークホテルで開催されたチャリティバザーに赴きました。


今回お邪魔したのは日本中近東アフリカ婦人会が主催のチャリティーバザー。
1981年の創立年よりスタートし、今年で18回目。
過去には皇后陛下や秋篠宮妃殿下や高円宮妃殿下なども来場した老舗のバザーとのこと。

そこには異国の食事や民族衣装、
工芸品などがたくさんあり、
異文化に直に触れることができました。

また、お買い物にお越しの方もご出店されている方々のパワーもすごかったです。

写真はWith You代表の石塚さんとAbiosの谷口さん。
人と人をつなげる魅力を持ったお二人。


異文化というのは何も国籍のことだけじゃないですよね。

世の中一歩外に出ればそこはもう異文化の世界。

仕事をするのも、人と出会って話をするのも、
自分以外の人と接することは自分以外の文化に触れること。

それを拒絶してしまったり、受け入れなかったりするのは、
少し寂しいことですよね。
昔の自分もそうでしたが、若い頃ほど全部を知ったようになりがち。
年齢を重ねてくればくるほど如何に世間知らずかを思い知らされる。

最近つくづく感じること。
何でも学びになる。

2015年10月16日金曜日

セン


 最近お描きしている絵の作画の線画の段階です。

 


 

 
 ペン入れはとても緊張する作業です。


真っ白な紙に、
黒いインクで線を引いていく。
 
一本一本丁寧に引いていくことは当然のこと。


この線は入れるべきか、省くべきか。

形を明確に記すため、
この形、構図が本当にこれでいいのか。
 

紙に落とす前によく考えます。

服の素材もよく見て、線画だけでもその柔らかさ、
硬さがわかるかどうかを気にかけます。


実はこの白黒の絵の段階も個人的にとても好きです。


線にこだわって描いている身だからかもしれませんが、
純粋にきれいだと感じるんです。

作品によっては美しく、
作品によっては格好よく。

 今回は美しさとしなやかさ、
でもその人物の芯の強さを目元に意識しながら
描いていきました。

線画でその素晴らしさを感じていただけるような、
そんな絵を描いていきたいと思います。

2015年10月6日火曜日

いつかこんな風に

一気に寒く感じるくらいになってきました。

・・・私だけじゃないですよね??

先日の土日は暑いくらいだったのになあ。

そんな少し暑かった日曜日、
家族と友達ととある公園へ。


もちろん、息子くんは大はしゃぎ。

でも前日はあまり運動させてあげられなかったので、
約束通り大いに遊んでいいよ。

シャボン玉もかけっこで追いかけるお年頃。


汗だくになったのは言うまでもありません。

そんな中友達が撮ってくれた一枚の写真。

嬉しい一枚です。

いつかこんな風に、小さいのが間に入ってくるのかな〜
なんて妻と話していました。

入ってきましたね。
いつまで入ってくれてるんでしょうか。


今年も3ヶ月切りました。

クリスマスカード、
年賀状のご準備もお忘れなく。
イラストのご相談はfacebookメッセージかこちら↓まで。

2015年9月29日火曜日

「あんまり似てないね〜。」

「あんまり似てないね〜。」

そんなことをよく言われます。
だからといって特に凹むこともなく、
「そっか〜。」
という感じです。



そんな似てないと言われる兄の結婚式がありました。
気がついたら結婚していました。


ほんとに気がついたら結婚してました。

「あ、そういえば結婚したんだ。」
そんな報告がきました。

メールでの事後報告。


相手がいることすら知らず。
なんだかテレビで芸人さんが話しているようなエピソードが実際に起きたので、
なんじゃそりゃ!
と携帯にツッコミを入れてました。



そんな兄と私ですが、
まあ小さい頃はよく遊んでいました。


当時力では敵うはずもない兄相手にムキになる弟。
弟がムキになったり投げ出したりすると容赦なく叩きのめす兄。


二人きりで家の前で野球をして、
何度も何度も特大ホームランを打たれたのは鮮明に記憶に残ってます。
今振り返ると、かわいい兄弟だなあと思います。(笑)

 ・・・不思議ですね〜。



大きくなるにつれ、だんだん会う機会も減り、
会ってもそこまで話し込んだりすることもないのですが、
不思議とこの文章を打っている手は驚くほどスムーズに動いています。


性格も好みも考え方も容姿も違う兄。
いや、たぶんどこかは似ている、と思う兄。

 はっきりと面と向かってはちょっと照れくさかったので、
息子越しに言っておきました。


「おめでとう!!!」